ベランダでマンゴーを育て続けた1年間

今までも何回かマンゴーの種を発芽させて育てていることは書きました。今回はこの1年間、台湾のベランダでマンゴーを育て続けて思ったことなどを書き記したいと思います。

ベランダでマンゴー栽培

台湾のフルーツと言えばマンゴーは代表格。様々な種類のマンゴーが市場には並びます。

マンゴーの果実の中には大きな種が入っています。1つの果実に1つの種です。その種を植えると、マンゴーの木ができます。かなり年数がかかるようですが、運が良ければ収穫することもできるそうです。

挑戦したマンゴーの種類

季節ごとに市場で売られるマンゴーは変わっていきますが、私がベランダ栽培に挑戦したのは以下のマンゴーです。

  • 愛文
  • 凱特
  • 玉文
  • 金煌
  • 黑香

愛文は赤い小ぶりのマンゴー。甘味が一番強く、風味も良いマンゴーです。市場でよく見かけるマンゴーです。

凱特はマンゴーシーズンが終わる九月ごろに出回るマンゴーで、九月マンゴーとも呼ばれます。

玉文は愛文よりも大雑把な甘味ですが、サイズが愛文よりも大きいマンゴー。

金煌は酸味と甘みのバランスにすぐれ、サイズ的にも大きい、黄色いマンゴーです。これも愛文同様に市場でよく見かけるマンゴーです。

黑香は緑色のマンゴーで追熟して食べるタイプ。これが一番おいしいという人もいますが、熟しているかをしっかり見極めないと、ほぼ食べられません。

マンゴーを種から育てる手順

マンゴーを手に入れたら以下の手順で育てていきます。まずは発芽までの水耕栽培です。

  • マンゴーの果実からマンゴーの種を取り出す
  • 外皮から中の種を取り出す(薄皮も可能な限り剥く)
  • 湿らせたキッチンペーパーなどで包んで保管する

以下に発芽についてはまとめてあります。

そして発芽したら以下に続きます。

  • 土に植える
  • 日当たりの良いところで育てる

我が家のマンゴーの生育状況

ベランダのマンゴー
ベランダのマンゴー

先に現在のマンゴーについて書いておきます。

玉文と金煌以外は、植え替え時に変な土に植え替えたために枯れてしまいました。余計なことをしなければよかったとひどく後悔しております。

残った玉文と金煌は植え替えをしなかったものです。ですが、植え替えはしなかったものの、なんだかこの2種も新芽が出ては枯れ、既存の葉も落ちて、というのを繰り返しています。少し不安定です。

マンゴーの葉
マンゴーの葉
枯れていくマンゴーの芽
枯れていくマンゴーの芽

とはいえ完全に枯れたわけではないので、いろいろ工夫して育てている最中です。

マンゴーの肥料

私は固形の有機肥料を今年から与え始めました。とはいってもかなり少ない量です。植え替えで失敗したので、できるだけ生育条件を変えたくないからです。

マンゴーの土

植物栽培に鶏糞が良いという話を聞いて鶏糞を土に入れてみたのですが、それが災いしたのかほとんどのマンゴーが枯れてしまいました。使い方を誤った?それとも入れすぎた?

後で思ったのですが、植物って森林などでは自然の循環でうまく大きくなることも多いですよね。当然人が手を加えて、管理してようやく大きくなるという木も存在するとは思いますが、自然とはやはり偉大です。余計なことをできるだけしない方が良いのではないかと。

とはいえベランダではプランターや植木鉢を使っていますから、環境がまったく違います。人工的に作られた小さな生育環境で植物を育てるとなると、その環境をコントロールしなければならないことも事実でしょう。

マンゴーは水はけも良い方が良いそうです。そこで、残された2株を赤玉土に植え替えましたが、それはそれでなんだかうまくいっていない感じです。

植え替えは3月に行いましたが、時期が悪かったのかもしれません。

植物栽培は焦って何かやっても全然うまくいきませんね。

1年経って思うこと

上記の通り、なんだかうまくいっているとはいいがたい1年でした。

最後の2株だけでは心もとないので今年も種まきをしようと思っています。もちろん残っている2株もがんばって育てます。

マンゴーの場合、あまり水のやりすぎも良くないのだとか。排水が良い土に植え、水やりもコントロールする、これが大切なようです。そもそも排水が良い土ということで赤玉土(培養土も混ぜています)を選んでいますが、いわゆる鉢底石についてはあまり気にしていませんでした。

最近鉢底石をしっかり使って植えた別の植物がすこぶる元気で、その威力を実感しているところです。マンゴーも排水のために赤玉土に頼るのではなく、鉢底石も検討した方がよさそうです。というのも、植木鉢の下部分を見るとかなり湿っているからです。これはあまりよくなさそう。

マンゴーのスケジュール

  • 2月:植え替え失敗
  • 3月:再度植え替え(赤玉土&培養土へ)
  • 4月~6月:成長が止まる(我が家だけ?)

まとめ

発芽するまではなんとかなると思います。また、マンゴーの双葉が残っているうちは生育も比較的安定していると思いますが、それ以降は環境によって管理の仕方をしっかり考えていった方が良いと思います。

インスタでほかの方のマンゴーの木を見るにつけ、すごいなぁと思いながら「いいね」を押しております。我が家もあんな風に大きくなってほしい!