ベランダで種から育てている白桃の成長が止まっている件

桃栗三年柿八年という言葉には、さらに続きがあって、地域によっていろいろなのだとか。私はと言うと桃栗三年柿八年ばかり覚えていて、ほかはよくわかっておりません。幼心に桃は三年もかかるのに、柿はもっとかかるのか!と驚いていました。

柿の種はあいにく発芽しませんでしたが、桃の種はここ台湾でも発芽しました。白桃の種です。そこで、ここまでの流れをまとめておきたいと思います。

ベランダで育てる白桃

白桃おいしいですよね。たまにしか食べないのですが、食べるとやはりおいしいと感じます。そんな白桃ですが、桜と同じバラ科の植物なんですよね。桃の花というのもとてもかわいいものです。ベランダで育てて花見でもできたらいいな、そんなことで始まった桃の木の栽培でした。

いや、だから苗を買えよ!って思った方もいるかもしれませんが、なぜか種から育てたくなっちゃうんですよね。趣味です。

桃の種

桃の種
桃の種

桃の種は厚みがかなりあり、かなり固いです。自然界ではこれが春になると割れて発芽するようなのですが、この殻については割ってあげた方が発芽する確率が上がるのだとか。

実際割ってみるとかなり厚い!

こ、これは本当に自然界では自然に割れるのかと疑いたくなるぐらい厚い。そしてまた殻がきれいですね。彫刻家と思うかのような殻です。また、中身はアーモンドみたい。アーモンドも確か桃と同じバラ科(桃はバラ科モモ属、アーモンドはバラ科サクラ属)。種も似ているわけです。

それで、バラ科の種を割っては植え、を繰り返しているうちに、固い殻の一部は柔らかく、そこから水分が染み込むような構造になっていることに気が付きました。そりゃそうですよね、こんなに固い殻に360度覆われていたら、水分が中に入りませんよね。以前はてっきり殻が朽ちて、中の仁が露出した際に水分に触れることで発芽するのかと思っていましたが、どうやらそうではないようで。現に、湿らせていた種は割った時に中身も湿っていることが多々あります。その際、固い殻がカビていたりしてもあまり影響がないようです。

ここまでの白桃

2020年10月ごろから何度か白桃の種の発芽に挑戦しました。最初は失敗しましたが、11月末から12月ごろにミズゴケに包んでおいた種が12月中に発芽しました。

私が住んでいるのは台湾で、冬でも気温が一桁になる日は数日程度しかないという、比較的温暖な気候に暮らしているため、例えば日本の東北などと比べた場合、環境は異なります。12月とはいえ、日本でいうところの初春ぐらいの感じかもしれませんね。

2020年12月の末ごろ、発芽した桃を土に移植しました。ポットがなかったのでペットボトルの底部を切ってポット代わりにしました。土は赤玉土メイン。

2021年1月、順調に育っていきました。葉の数も増えましたし、少しずつ大きくなっているようです。

2021年2月に入ると成長が止まり、そこから2021年7月に至るまで、成長している感じはしません。いやな予感がするのは私だけ?

ミズゴケで培養することについて

ミズゴケは水分保持の面で優れているので発芽させるのに良いかなという考えでやっていたことですが、そんなに悪くはないものの、やはりミズゴケを用意する手間を考えると、例えばキッチンペーパーなどで代用できるならその方が楽だなと思いました。

湿らせたキッチンペーパーで包み、発芽したら順次土に植え替える形です。というのも、普段そんなにミズゴケを使うわけではないので、我が家では常備していないのです。当時はミズゴケがあったので良かったのですが、今後はどうするか思案中。苔や食虫植物の栽培にミズゴケを使いたいので常備しても良いのは良いです。

最近の桃の木

桃の木
桃の木

2021年7月の現在、一部の葉が黄色くなってきました。落葉にはまだ早い気がします。でも去年購入した桜の苗は7月ぐらいから葉が枯れ始めました。そしてそのまま秋、さらに冬を迎え、春になって新芽が出てきました。この桃の木もそういう運命?でもちょっと小さすぎる木がします。そのまま枯れてしまったりしないか心配です。

水やりは土の表面が乾いてきたらたっぷり与えています。赤玉土なので、土が変色し始めたのをサインに水やりしています。

最後に

今のところ桃の木はこの一本のみ。本当はもっとやりたかったのですが、桃の種が手に入りませんでした。今年もまた発芽には挑戦したいと考えています。

チェリーの発芽をいくつかやった際に思ったのですが、個体差というのもあるのかなと。発芽しやすい種、発芽しにくい種、という違いだけでなく、成長しやすい種と成長しにくい種があるのではないかと思います。だからもしかしたらこの桃の木の種はあまり成長しやすい種ではなかったのかもしれません。

とはいえせっかく手に入れた桃の木です。これからもしっかりお世話をして、いつかベランダで桃が収穫、いや、その前に桃の花が拝めるようにがんばります!