アメリカンチェリーを種からベランダで育てる!

アメリカンチェリーの花をネット検索したら、桜のようなかわいい花が咲くことがわかりました!それもそのはず、チェリーは桜と同じバラ科なんです。そりゃ花も似てる。

昔から挑戦したかったことがあって、その一つがチェリーの発芽でした。この度、無事にいくつか発芽したのでその記録です。

ベランダで育てるアメリカンチェリーの木

チェリーっておいしいですよね。私、チェリーが大好きです。老若男女、多くの人に愛される果物ではないでしょうか。

さくらんぼと聞くと和風の物をイメージします。佐藤錦とか。というか自分は佐藤錦ぐらいしか知らなかったのですが、紅秀峰とか、ほかにもいろんな種類があるのだそうです。

そもそも日本のさくらんぼは桜のような花が咲くことは知っていました。ですが、ここ台湾で日本産のさくらんぼを入手することは困難。手に入るものと言えばアメリカンチェリーなのです。

で、アメリカンチェリーもいろんな種類があるようで。ビングとかレイニアとか。パッケージなどに産地は書かれていても、細かい種類については書かれていないですよね。だから細かい種類はわかりません。もっと言えばアメリカンと言いつつ、実はチリさんのチェリーだった気もします。そこまでは確認しませんでした。

英語で桜の花はCherry Blossomと言うそうです。つまり、チェリーの花ということですね。英語ではSakuraでも通じそうですが。そういえば桜も小さいですがチェリーのような実ができます。やはり仲間なんですね。

チェリーを育て、ベランダで花見ができたら最高。そんな短絡的な発想で育て始めています。

我が家の育て方

我が家では基本的に桜の木準拠でアメリカンチェリーを育てています。というのも、未経験なので何もわからないのです。いろいろ試しながら育てるのも楽しいです。ある種、苗を買ったわけではなく、自分が種から発芽させているから自由度が高いという感じはあります。

アメリカンチェリーの発芽

アメリカンチェリーの発芽
アメリカンチェリーの発芽

アメリカンチェリーの種は、湿らせた状態で冷蔵庫に入れておくと勝手に発芽します。期間で言うと3か月を超えた時期ぐらいからどんどん発芽していきます。もちろん、100%そうだとは言えないのですが、3か月ぐらい冷蔵庫で放置(たまにカビが生えていないかチェックし、カビが生えていたらきれいにします)してから見るといくつか発芽していて、さらに数か月放置すると他のもどんどん発芽してきます。

アメリカンチェリーの種の取り方は、種を飲み込まないように口の中で実だけを歯で噛みながらはがし、種のみを残します。この時、すぐに種を口から出すとたくさん実がこびりついていると思います。これを、しばらくの間口の中で転がしていると、実がどんどん取れて、きれいな種が出てきます。ただ、問題は、この方法はかなり時間がかかる上に、飲み込んでしまう危険性もあるのでやらない方が良いと思います。素直に実を食べたら種は口から出しましょう。

冷蔵庫に放置する方法ですが、基本的にはタワシで洗うなどしてきれいにした種を、湿らせたキッチンペーパーで包み、それをジップロックなどに入れて保存します。上に書いた通り、たまにカビが生えていないか要チェックです。

アメリカンチェリーの種
アメリカンチェリーの種

アメリカンチェリーの種は固い殻に覆われています。これを割った方が発芽は早いです。さらに言うと、中の茶色い薄皮を剥き、そのさらに中の白い薄皮まで剥いて「根」の部分を露出させるともっと早いです。というか、そこまでやると冷蔵庫に入れなくても発芽することがあります。

我が家のアメリカンチェリーの木

2020年から挑戦して、いくつか発芽はするのですが、最初のころはなかなかうまく育ちませんでした。なぜか枯れてしまうんです。今は5株育てています。その中でも、実は冷蔵庫で4、5か月保管した種から発芽した株が一番大きいです。大きさで言うと10cmちょっとでしょうか。

もしかしたら、冷蔵庫で保管しなくても発芽はするが、うまく成長しない、ということがあるのかもしれません。その冷蔵庫で4、5か月保管していた株以外は成長が止まって久しいです。今後どうなるのか、観察を続けていきます。

ちなみに台湾で育てているので、場所的には暖地に該当するのではないかと思います。なお、台湾産のチェリーは見たことがありません。

最近の変化

アメリカンチェリーの木
アメリカンチェリーの木

一番大きな株は確か2021年の初めごろに冷蔵庫から出したものでした。今(2021年6月)まで、成長のスピードはそんなに変わっていないように思います。かといって成長が止まっているわけでもありません。じわりじわりと大きくなっている印象です。

通常の桜の木(台湾の富士桜)は3月ごろに一気に枝葉が出て木が成長し、梅雨前に成長が止まりましたが、このアメリカンチェリーの木はそういう「成長期」と呼ばれるものを感じさせません。まだ1年目だからかもしれませんね。今は、今度の冬に落葉するのかどうかに注目しています。そうなればちゃんと成長期とか休眠期とかを感じさせる木になるような気がします。

今後の事

上記の1株以外の4株は全然成長しません。やはり冷蔵庫に保管する期間が成長中の株と比べて短いことが原因でしょうか。鉢が小さいものに関しては植え替えをしても良いかもしれません。

ちゃんと成長している1株も、ゆくゆくは剪定などして樹形を整えていきたいと思っています。実まではそんなに期待していない(とはいえ結実したらもちろんうれしい!)ですが、花は拝みたいです。何年後なんでしょうね。もしくは咲かなかったり?桃栗三年柿八年、チェリーの開花は何年でしょうか。

なお、日差しが強すぎるのかもしれないと思い、今は5株とも半日陰に移動しているので、太陽の様子を見ながらまた置き場所は移動したいと思います。

アメリカンチェリーを種から育てるのは難しいと思います。発芽は比較的簡単ですが、その後がなかなか難しい。何年で結実するのか、そもそも結実するのか。そもそも果樹は実生より接ぎ木などが主流なようです。果実の収穫を目指すなら種からの栽培はしない方がいいと思います。種からの場合は木を育てる楽しみ優先だといいと思います。

最後に

今のところ著しく成長したりしないアメリカンチェリーの木。とりあえずこのまま様子を見ます。