梅の実から種を取りだして発芽させ、ベランダに花を!

台湾で梅干しが食べたいけれど、郊外のスーパーでは日本風の梅干しなど売られているわけもなく、結局自分で作ってきたここ数年だったわけですが、なんなら梅の花も観賞したい、梅の木を育てたいということで、ベランダで梅の種から梅の木を育てています。

2021年に購入した梅
2021年に購入した梅

2021年4月に購入した梅。ここ最近何度か作っていた梅干しを作るのではなく、この年は梅シロップを作ろうということで購入したものでした。それの一部、傷んでいるものを完熟させてから種を取り、梅シロップを作るのみならず、発芽にまでチャレンジしました。

梅の種の保管

梅も桜や桃と同じバラ科の植物。冬を経験しないと発芽しないとか、いろんなことが言われる種族です。そこで、一部は冷蔵庫へ、一部はそのまま種を割って育てることに。

梅の種は小さなタッパーに湿らせたキッチンペーパーを入れ、それで包んでタッパーの蓋をしていました。液漏れなどはしない程度の密閉具合で、キッチンペーパーが濡れている限り梅の種も濡れている、という状況。これで3か月も冷蔵庫内で放置していると勝手に種が割れて芽が出てきます。自分の経験では、発芽率はかなり良いです。しかし、これは品種などにもよるのかもしれません。

梅の種の割り方

さて、冷蔵庫に3か月も入れておけば勝手に割れる種ですが、一部は冷蔵保存せず、すぐに硬い種を割って、湿らせたキッチンペーパーで包んで常温に置いておきました。硬い殻は手では割れません。ペンチを使う方法もあるようなのですが、力を入れ過ぎて中身の「仁」も割ってしまいそうだったので、石で叩いて割りました。すると、こちらもすぐに発根し、発芽しました。冷蔵保存しなくても発芽することがわかりました。

しかし、これは硬い殻を先に割っていたから発根・発芽しやすくなっていたのかもしれません。冷蔵庫に入れておけば自然に硬い殻を割って発芽しますが、自然界でここ台湾のように冬でも暖かい環境の場合、もしかしたらその硬い殻を自力で割るまでのことができない可能性があるのかもしれません。

そのことから、今後もチャレンジする場合、冷蔵保存をするなら放置でOK(乾燥させないこと)、すぐに種まきしたいなら硬い殻は割っておくことが大切ではないかと思います。なお、硬い殻を割ったら、その中の茶色い薄皮と白い薄皮も剥いておくとさらに良いと思われます。

生の梅の種
生の梅の種

梅の種から発芽(実生)

梅の苗
梅の苗

桜の場合、接ぎ木苗が一般的なようですが、梅はどうなのでしょう。一般的に種から発芽させて育てる苗を実生苗と呼ぶそうで、今回私が挑戦している梅栽培も実生苗となります。

冷蔵庫で保管しなかったものも、冷蔵庫で保管したものも、発芽率はかなり高く、10個あったら8個ぐらいは発芽するイメージです。

ちなみに、ベランダに梅が仲間入りしたことで、桜、桃、梅の3種が無事にそろいました。ただ、この小梅も桃も、かなり小さいので油断大敵。今のところ順調に見えますが、今後もよく観察していきたいと思います。なお、この梅は農協の運営するスーパーで買った生梅の種です。

冷蔵保存していた梅の種

冷蔵保存無しの梅(左)、冷蔵保存有りの梅(右)
冷蔵保存無しの梅(左)、冷蔵保存有りの梅×5(右)

ベランダで育てていた梅の木ですが、それと並行して冷蔵庫で保管していた種もどんどん発芽していたので7月ぐらいに冷蔵庫から出し、水耕栽培していました。早いものだと3か月待たなくても発芽してくるんですね。

水耕栽培も2週間ぐらいすると、かなり芽が大きくなり、高さだけならベランダで育てている小梅とそん色ないものも出てきました。葉の大きさや幹の太さはベランダで育てているものの方が立派です。

双葉がついている状態では、双葉から栄養を得ることができるようで、土に植えなくても良いのでは?という浅はかな考えから水耕栽培しているわけですが、そんなに悪い結果になっているとは言えなそうです。それよりも、種を入手してからすぐに割って発芽させたものと、冷蔵庫でしばらく保管して自然に発芽したものでは、前者の方が発芽するのは当然早く、当初は前者の方が成長が速いわけですが、結局のところ冷蔵庫で保管した後者の種も一気に大きくなるので結果的にはそんなに変わらないのかもしれません。もしそうだとしたら、無理して種を割って早め早めで育てる必要もないのかもしれません。

梅を育てるのは難しいのか

冷蔵庫に保管しなかったものが発芽したのは2021年の5月。それから7月ぐらいまでは順調に大きくなりました。しかし、不思議なことにそれ以降はピタッと成長が止まり、この記事を書いている2022年1月までほぼ成長しておりません。逆に、冬を迎えたことで葉が多少枯れてきていて、さらに葉の付け根に小さな小さな芽のようなものが見えています。

さらに、この日確認してみたところ、その一部から新しい葉が出てきているようでした。越冬完了?

まだまだ勉強したいことがたくさんあるのですが、発芽率とこれまでの成長を見ている限り、そんなに難しくないのかもしれないと感じています。少なくとも今は。

開花を目指すとなるとそもそも実生苗は不向きで、そこは難しいと言って良いのかもしれません。じゃあ私は何をやっているのかと言うと、確かに花も見たいのですが、まずは発芽がうれしく、さらに成長を喜んでいるという状態です。

梅が開花するまで

梅には花梅と実梅という分け方があるようで、それぞれ文字通り、花の観賞用の品種、実がなる品種とのことです。我が家のはスーパーで買った梅の実から採った種ですので、実梅と言うことになろうかと思いますが、なにぶん台湾の梅なので、品種名まではわかりません。花が咲くとしたらいったい何色の花が咲くのか。そして何年かかるのか。

桃栗三年柿八年という言葉の通りだとすれば、桃は三年で花が咲くということになろうかと思いますが、同じバラ科の梅はどうなんでしょう。もしかしたらもっと長く、10年とか咲かないということもありえるのかもしれません。

今はとにかく成長がうれしく、これからも見守っていきたいと思っています。

なお、梅には自家不結実性のものと、自家結実性のものがあるそうで、品種名がわからないとこれもわかりません。要は、1本の木で受粉できないタイプとできるタイプの違いなんだそうです。

種から育てているのは本当に興味本位で、本気で実を収穫することを目指すなら園芸店でしっかりした苗を買うのがいいですね。

最後に

梅の実から発芽にチャレンジする場合、冷蔵庫に入れなくても硬い殻を割れば発芽します。しかし、冷蔵庫に入れて発芽を待ち、7月初旬ぐらいまでに取り出せれば8月ぐらいには成長が追いつきます。とはいえ、なんとなく幹は冷蔵庫に入れなかった方が太いようにも見えます。気合い入れるなら全数硬い殻を割って育て始めると良いでしょうし、大量にやるなら冷蔵庫で自然に発芽するのを待っても良いように思います。