ニームオイルが害虫忌避に良いらしい! と聞いてニーム栽培に挑戦したくなっちゃいました

農園などで虫よけに使われるものは色々ありますが、今回はニームのお話。

ベランダで発生する害虫の対策にニームを

ベランダという狭い場所で植物を育てている私ですが、そんな狭い場所でも害虫が発生して植物の生長に影響が出てしまったり、植物が正常に育たなくなったりします。我が家の場合、例えばアブラムシやハダニ、カイガラムシやアザミウマなどがよく発生します。今までもトウガラシスプレーや乳化した油のスプレー、牛乳スプレーなどを試してきましたが、それでもしつこく植物に居座り続ける虫も多くいます。そんな害虫たちにニームを使いたくて動き出した今回のプロジェクトです。

ミラクルニームと呼ばれる植物

そんな折、虫対策としてニームの存在を教えていただきました。なんでも、ニームという木の種から取れる油(ニームオイル)や、その絞り粕(ニームケーキ)に害虫が嫌がる成分が含まれていて、ニームオイルを希釈して散布したり、ニームケーキを肥料化して植物に与えることでも虫予防に効果が期待できるとのことでした。効果が期待できる害虫は多岐にわたり、そのことからミラクルニームなどと呼ばれることもあるのだそうです。直訳すれば『奇跡のニーム』という感じでしょうか。

ニームはインドセンダンんとも呼ばれるように、インドに多く生えている植物で、インドではニームの種を乾燥させ、粉砕し、水に一晩浸けてできた液体を布などで濾し、それを植物に散布したりもするそうです。そんなニームの種からの抽出液を7~10日に一回、雨季はもっと頻繁に植物に与えたりするそうです。

近所で売られていないならネット通販を利用

我が家の近所の園芸店などでは一度もニーム関連製品は見たことがありませんでした。そこで、ネット通販を見たところ、ニームケーキを発見!早速購入して試してみました。

ペレット状に成形されたニームの肥料です。人によってはニオイが苦手だと感じる人もいるようです。ただ、有機肥料って一般的に臭いですよね。慣れている方なら気にならないかもしれません。それに、そのニオイが虫を遠ざけているのだとすれば、そのニオイが大切になります。

ニームオイルも売られていましたが、いまだ購入したことはありません。

ニームの実からニーム栽培に挑戦

ニーム関連の商品としましては、ここ台湾ではニームの実、ニームの種、ニームケーキ、ニームオイルなどがネット通販で売られています。そこで、ニームの実を手に入れて、中の種を取り出し、土に植えてみたのですが、今のところ発芽しておりません。おそらくもう少し気温が高くないと発芽しないのだと思います。

そもそもインドなどの暖かい地域に生えている樹木なので、発芽温度も高いようです。また、栽培温度もいわゆる熱帯植物と同じような扱いになるため、日本の場合屋外での栽培は沖縄などの非常に温暖な地域を除いて難しいのではないかと思います。

ニームは種以外にも忌避成分が含まれる

ニームは種に虫の忌避成分が多く含まれており、ニームオイルは種の核をを砕いたものから抽出するそうです。つまり、種が大切ということなのですが、例えば茎や葉にもその忌避成分が含まれていないわけではないそうで、じゃあベランダにニームの木が並んでいたら虫も嫌がるんじゃないか、という非常に安易な発想から育ててみようと考えました。

また、ニームの種を取るために、ニームの実を24hほど水に浸けておいて、それから果肉部分をはがしていくわけですが、この剥がした果肉はもとより、浸けていた水も土に返すことができるので、それらにも若干のその忌避成分が含まれているのではないかと思い、それらも水やりや余っている土などにかけておきました。

ニームは万能というわけではない

種を植えるために剥がして土の上にかけておいた果肉ですが、翌日見たら目の赤いショウジョウバエのような虫がたかっていました。ニームのすべての部位が、すべての昆虫に有効ということではないようです。

また、ニームの実は鳥たちがこぞって食べるようで、果実ができる頃のニームの木には鳥がたくさんとまっていることが多いです。

ニームの害虫忌避成分『アザディラクチン』の効果は短い

害虫忌避成分として注目されている、ニームに含まれる成分はアザディラクチンという成分です。ミラクルな成分なわけですが、このアザディラクチンは熱に弱いという特徴があったり、そんなに長く効果が続くものでもないそうです。なるほどインドでもニームの種の搾り汁を7~10日に1回程度散布したり、雨季にはさらに短い頻度で散布するわけですね。

ニームオイルを唐辛子スプレーなどとルーティーンを組んで定期的に散布するのが良いかもしれませんね。

虫除けのためにニームをベランダに植えることのデメリット

ニームを植えるのは花が可愛いからとか木が好きだからとかではありません。完全に虫除けが目的です。商品としてニームオイルやニームケーキが売られている中でニーム栽培を試してみることにしたのですが、デメリットもあります。

例えば、狭いベランダのため、一つ植物を増やすだけでも一部のスペースを占有してしまうので、他の植物を置くスペースが確実に少なくなることです。

それに、そもそもニームを栽培することで虫除けになるのかはやってみないとわかりません。そのため、育てたい植物がたくさんある場合、虫除けだけの目的だけでニームを育てるのは効果が見えないという意味でも場所を占有してしまうという意味でもデメリットとなり得ます。

それでも私が試してみたいのは、ニームの木をベランダで育てることで虫が減ってくれるなら、何度もニームケーキやニームオイルを買い続けなくていいなと考えたからでした。非常に安直な発想からでした。あいにくうまくいくかはまだわかりません。

最後に

栽培方法もまだよくわかっていないニームですが、まずは発芽を待ちたいと思います。