アボカドの頂芽を剪定(摘芯)しました

自分で種から育てられる観葉植物と聞いて、何を思い浮かべますか。パイナップル?アボカド?いろいろありますよね。特にこの二つは代表格と言えるでしょう。

我が家でもこの2種を育てているのですが、今回、アボカドを剪定したのでそのことを書き記しておきます。

アボカドの剪定

アボカドの剪定は調べた限り春に実施するそうです。私のいる台湾ではすでに夏日となっておりますが、一応まだ5月。剪定するなら3月から5月の間に剪定しようと思っていました。

とはいえ、実は去年発芽したばかりのアボカドなので、今年は剪定なしかなと思っていたのも事実。そのためちょっと出遅れたことは否めません。

暖かくなるにつれて成長速度が上がるアボカド

まだ寒かったころは葉が落ちてしまったり、成長が不安定でした。しかしここ一か月ほどは順調に成長し、高さも出てきました。といっても40cmぐらいですが。

40cm程度でまだ剪定なんか必要ないと考える方も多いと思うのですが、一応いろいろ考えての剪定でした。

まず、先日大型スーパーへ行った時の事、売られているアボカドの苗を見るとヒョロっと主幹だけが1mぐらいあって、枝が一切ありませんでした。アボカドってそういう風に大きくなる性質があるんですね。たしかに我が家の40cmアボカドも1本だけ主幹が上に上にと伸びていっています。

ベランダで栽培するとなると、1m前後で高さを抑えたい。アボカドに限らず、ほかの植物もそのように考えています。要するに手すりを超えさせたくない。それが1本だけヒョロっとしているとちょっと不格好な気がします。もっとも、アボカドも1mなんて制限せずにしっかり育てていくと、その過程で枝葉が伸びていくようですけれども。私のアボカドも葉の付け根を見るとなんとなく葉芽のようなものも見えています。

剪定強行

それで、結局剪定を強行しました。高さ30cmぐらいの場所でしょうか。切った場所には保護剤を塗っています。この保護剤、もともとは桜のために買ったものでしたが、剪定した植物にはすべて塗っています。植物は剪定の切り口から病気になったり細菌が入ったりするそうですから、それの防護です。

切り口の下のいくつかの葉の付け根から新しい枝が出てきてくれると良いのですが。たぶん1週間もすれば多少変化してくるでしょう。枝が伸びてくるとか。枝が伸びてきたら多少針金で成形した方が良いかもしれませんね。リンゴを切った時もそうでしたが、とにかくまっすぐ上に伸びたがる樹種があって、そうなるととにかくヒョロっと縦に長い樹形になってしまうのです。それじゃ本末転倒。そうならないようにいくつか枝が伸びてきたらそれを左右に広げるように誘引するか、針金で成形したいと思っています。

連日30度越えとはいえまだ一応五月。強行した剪定でしたが、ぎりぎり剪定間に合ったかなと思っています。

剪定だったのか摘芯だったのか

ちなみに私が剪定と言って行った行為は、中央の主幹の先端から10cmぐらいのところで切ってしまう行為の事です。これは摘芯と表現すべきなのかもしれません。

剪定というと枝の一部を切り取ること、摘芯(摘心)というと果樹などの頂芽を摘みとることだそうです。ん~両方あっているような気もします。

摘芯の時期

今回は5月下旬にこの剪定なのか摘芯なのかを行いました。

切った先は挿し木に

ちなみに今回切り取った10cm程度の先端部位ですが、これは挿し木にしようと思い、ちょっと短いですが土に刺しておきました。ダメもとです。これで根が出てきたら面白いですね。実験大好きです。

アボカドの挿し木は剪定と同じように春に行われることが一般的なようです。ですので一応アボカドの挿し木時期としては間違っていないようです。剪定で出た枝をそのまま挿し木に利用する感じなのだと思います。

春にアボカドのためにやったこと

昨年末、種の状態から栽培を始めたアボカド。葉が落ちてしまったり、少々不安になることもありましたが、なんとか成長しています。

3月から5月にかけて、何度か有機肥料を与えました。特段何かに特化した肥料ということではなく、万能肥料です。まだ種がくっついているので、そんなに肥料はいらないのかなとも思ったのですが、一応あげてみました。

植え替えもしました。そもそも水耕栽培だったのでそれをポットに移植して、それも手狭になってきていたので、さらに大きな植木鉢に植え替えました。これからさらに大きくなる場合は再度の植え替えも検討した方が良いかもしれませんが、基本的に植え替えは5月か6月に行うと良いそうです。

今後のアボカド

今回先端を切り取ったので、あとは枝が何本か出てきてくれて、それを成形していく感じにしたいです。こう、上に広がっていく感じをイメージしています。

高さ1m程度では結実も期待できるかわかりませんが、ベランダのサイズを考えるとそんなに大きくもできません。鉢のサイズを入れても130cm前後まででしょう。観葉植物的には十分な気もします。

これから夏本番となり、秋にはまた肥料を与え、冬を迎えてまた来年の春を迎える感じでしょう。1年後にはどんなサイズ、どんな樹形になっているのか楽しみです。

先日剪定したアボカドから新芽が!