私たちのパンはもう買わないで!って台湾全聯の店員が言った理由

台湾のスーパー「全聯」で売られている「阪急ベーカリー」名義のパンなのですが、つい半月ほど前に全聯の店員が「もうコーヒーとパンは買わないで!」と呼びかけたことがネットニュースになっていました。

全聯とはどんなスーパーなのか

全聯は台湾のほぼ全域にわたって展開しているスーパーマーケットです。台北にも台中にも、台南や東海岸にも出店しています。もはや台湾の方なら知らない人はいないであろうほどの規模のスーパーマーケットです。

福利熊という独自のキャラクターやオリジナルソング、オリジナルスマホアプリなども備えた、大手スーパーの一つと言えます。

売られているものは野菜や肉、魚、それから缶詰やジュースなどのいわゆる食料品からラップやシャツ、ティッシュなどの生活用品なども揃うお店です。高級店ではありません。庶民的なお店です。

私自身、月に何度も全聯に行っていますし、生活をするのになくてはならないお店の一つとなっています。

全聯の店員は何でそんなことを言ったのか

全聯ではコンビニコーヒーならぬスーパーコーヒーが売られ始め、以前記事にもしたように日本の阪急ベーカリーの名前でパンも売られ始めました。しかし、全聯の店員が「もう買わないで!」と言ったのはなぜでしょうか。

その記事によると、つまるところノルマがキツイのだそうです。コーヒーにしてもパンにしても、エリアマネージャーが大量に仕入れることをお店に強いていて、さらにそのロットもかなり大きいとか。日に80個も売れれば万々歳のパンも最小ロットが100個からとか。で、結局お店の管理者たちが自腹で買うことになったり、パンを買えばコーヒーがタダになるというキャンペーンを実施したり、元旦などは1元でコーヒーを売ったりしたとのこと。

さらにその店員は、コーヒーもパンも、あんなにまずいのに誰が買うのか、と疑問を呈しています。

だからエリアマネージャーないしは幹部にわからせるために、もうみんなが買わなければコーヒーもパンも売り上げが下がって、法外なノルマがなくなるのではないかという考えだったようです。

私も全聯に頻繁に行っていますが、店員からコーヒーやパンを買わないかと何度も何度も言われるのはこのノルマのせいだったのだなと妙に納得しました。ほぼ毎回言われますから。バイクで言って、大量の荷物をエコバッグに詰め、さらにコーヒーを買う余裕はないし、パンはそんなに買いません。

全聯で売られているパンはそんなにまずいのか

コーヒーは飲んだことがありませんが、パンは何度か買ったことがあります。以前メロンパン関連を一通り買ったこともありました。

最近で言えばピーナッツバターを使った商品がいくつか登場していて、私個人的には小さいクロワッサンにピーナッツバターがかかったものはおいしいと感じます。それ以外はあまり買わないのでわかりません。以前買ったメロンパンに関して言えば、私の家族には不評ではありませんでした。もっとも、すでにレパートリーが変わっているので手に入らないものもありますが。

そんなパンですが、夕方になるとパン売り場からパンは消え、レジの脇で特価販売されるようになります。見た限りでは毎日毎日大量に残っていて、廃棄させないように必死に売っているという感じを受けます。コーヒーはそんなに場所を取らないので、レジを抜けた先に大体機械が置いてあるだけです。

なお、最近はパンももうほとんど買いません。

台湾で売られている日本関連のもの

台湾では「日本の○○!」といった見出しを見ることがよくあります。しかしその大半は台湾の方が考える「日本」であり、台湾の方が受け入れやすい「日本」です。ローカライズという奴ですね。

でも日本の有名メーカーの名前を冠している場合もあり、そういう場合はノルマもあるのでしょう。今回のパンの話で言えば、もしかしたら阪急ベーカリーとの契約の中にノルマがあって、それを達成するために全聯の幹部は必死になっているのかもしれません。むしろそれが普通かもしれませんね。

パンの種類が日本の阪急ベーカリーと違うことは以前書いた通りですが、これも大方、全聯サイドは阪急ベーカリーの名前を使いたかっただけで、商品開発は台湾主導、それに阪急ベーカリーがOKをしたという流れではないかと推測しています。「台湾ではこれがおいしいんです!これが売れるんです!」と台湾サイドから言われ、さらにノルマも契約書に含むなら日本サイドがOKすることもあろうかと思います。

日本車を売るディーラーもそうだと聞いたことがあります。ノルマを達成できそうにない場合は、買い手が見つかる前に大量に日本から車を買い取り、それを安くして販売することがあるそうです。実際、店員からその手法で安く買わないか打診されたことがありました。

余談ですが、台湾で売られている日本車はてっきり日本から輸入しているのだと思っていたら、台湾製造のものがある(書類で確認しました)そうです。

コーヒーが大好きな知人(台湾出身ですが、日本で何度もコメダ珈琲に行っていた)が台北のコメダ珈琲に行ってがっかりした話とか、枚挙にいとまがありません。

最後に

全聯、パンはそんなに買わないけど、コーヒーもたぶん買うことはないけど、これからも行き続けます。