嫌なことがあってもポジティブに生きる考え方

いやぁ、今日は本当に嫌なことがありました。それについてブログで書こうかな、と思っていたのですが、今日一日で嫌なことがたった一回だったというのはとてつもなく幸運だと感じたので書く内容を変えました。

今回はずばり「一日に嫌なことが十回未満って、それ、幸せかもよ?」、転じて「嫌なことがあってもポジティブに生きる考え方」についてです。

ネガティブな私

そもそも私は比較的ネガティブなマイナス思考だと自負していまして、そんな自分を変えたいと思いつつも中々変えられないままおじさんになってしまいました。

思考って不思議で、マイナスの方向に物事を考え始めるとどんどんマイナスに落ち込んでいって、マイナスのスパイラルに迷いこむことすらあります。マイナスがマイナスを呼ぶようなイメージです。

私は基本マイナス思考ですので楽しいことも少ないと感じているわけで、イヤだとか思うことの方が日常にあふれています。

未来を想像してみてもネガティブなことしか思い浮かびません。未来に希望?いやいや、、、このネガティブ大魔神に希望も何も。。。

 

ポジティブな人

しかし世の中にはポジティブに生きている人たちが少なからずいます。実際私の職場にも、何があってもポジティブで、いつも笑顔を絶やさない素敵な人がいます。あの人は落ち込むのだろうか?あの人は泣くのだろうか?と不思議になりますが、少なくとも仕事場でそんな姿は見せません。

彼は仕事がめっちゃできるというわけでもありません。社長に理不尽に怒られることもあります。これでもかと罵倒され、ケチョンケチョンに怒られても、その後はケロッとしています。

そんな彼をプロフェッショナルと言ってしまえばそうなのかもしれませんが、基本的にポジティブなのではないかと思うのです。なぜそこまでポジティブにできるのか。秘訣は何なのか。

 

ネガティブになる必要はない

思えば人はなぜネガティブになるのでしょうか。そこにはもちろん理由があります。

例えば社長に怒られた時。自分の不甲斐なさに腹が立つこともあるでしょう。または社長に対して腹が立つこともあるかもしれません。そしてその思いはすぐには解消されず、もしかしたら何日間か持ち続けるネガティブな感情となるかもしれません。

ネガティブな思考はこうしたキッカケにより生まれるように思います。そして一度ネガティブモードになると関係のない事までネガティブに考えるようになります。

しかし、ネガティブになる必要などあるのでしょうか。気持ちに正直に生きようとはよく言ったもので、気持ちに正直に生きるならば、ネガティブな感情が生まれたらそのままネガティブな感情を持ち続けるという事になりますが、ネガティブである事にメリットを感じたことはありませんし、出来ることならネガティブではなくポジティブな方が良いわけです。

じゃあネガティブになるのをやめよう、と言ってもそれはそう簡単に実現できることではありません。

それでも、気付いたんです。

自分がネガティブになる理由って実は大したことないんだって。

今日嫌なことがあっても、たった一回でしょ?そう自分に問いかけたら、なんだかどうでも良くなったんです。

 

ネガティブになる理由が実は大したことがないという事実に気付く

今までは嫌な事が一つでもあると何日もネガティブな気持ちを引きずっていましたが、世の中嫌なことなんて山のようにあるのに、たった一回嫌な事があっただけでネガティブになるなんてどうかしています。

人間、玄関を出れば外の人はほとんど敵な訳で、自分の味方なんて十人に一人いれば良いほう。それなのに何をそんなに期待しているのか。多少オーバーな考え方ではありますが、こういう考え方でいれば、たった一回の嫌な事で必要以上にネガティブになる必要もなくなります。なぜならば、世の中はそんなに良いことばかりではないからです。

SNSが普及した現代では、人生の中の良い面に光を当てる人も多くいます。すると、それを見た私達は「ああ、この人はこんなに素敵な人生を送っているのに私は全く駄目だな。この人みたいになりたいな。」などと思ったりします。SNSでネガティブな事ばかり書いていると友達が去っていってしまいますから、良い面ばかり書くのは当然と言えば当然で、しかしそれを、その人の人生が良い面ばかりで埋め尽くされていると考えるのはちょっとオーバーで、そんな素敵に見えるその人の人生にもきっとネガティブな面はあるでしょうし、その人の良い面ばかりを自分の人生と比較してもなんの参考にもなりません。

 

まとめ

世の中が嫌なことであふれているとは少々オーバーですが、嫌なことはほぼ必ず人生のどこかのタイミングで発生します。しかし、たった一回や二回嫌なことがあったぐらいでネガティブになる必要はありません。

ネガティブになると思考がどんどんネガティブのスパイラルにハマっていきます。だから、可能であればネガティブに考えたくはないもの。

嫌なことが発生するのは当然。そう考えれば人生が少し楽になる気がします。