息子に代わってオジギソウを育ててわかったこと

ベランダで育てる植物の代表例と言えば「朝顔」や「ミニトマト」を想像するのですが、いつからか息子が「オジギソウを育てたい!」と言うようになり、オジギソウを園芸店で探すものの、なかなか見つからず、弱ったなぁと思っていたらなんと!義父が育てていることがわかり、息子が義実家からオジギソウの苗を持ち帰ったことから我が家のオジギソウ栽培がはじまりました。

オジギソウとは

オジギソウとは、葉を触ると葉が閉じる、子供が大好きなあの植物の事です。中国語では「含羞草」と書いて、発音的には「はんしょうつぁお」という感じです。日本語でも同じ漢字を書くようですね。ただ、他に「お辞儀草」とか、「おじぎ草」とか書いているのも見たことがあります。

基本的にオジギソウは多年草なのだそうですが、日本では冬を越すのが困難らしく、一年草として育てるそうです。花が咲いて種ができ、それを採種して次の年に蒔くと。その方法が一般的なんだそうです。

さて、ここ台湾ではどうなのかというと、知人の話を聞く限りではやはり一年草として育てるのだとか。台湾は比較的温暖だとはいえ、それでも越冬は難しいのだそうです。

オジギソウ栽培の過程

オジギソウの苗を入手!

息子が義父からオジギソウの苗をいただきました。いただいたオジギソウの苗は、種から育てていたものか、それとも挿し木のようにしたのかは不明でした(今日まで義父に聞く機会はたくさんあったのにいまだ確認せず。というかこの段階でオジギソウが挿し木で育つのかどうかはわかりませんでした)。ここから大きくなるのか、責任重大!いや、私ではなく息子の責任重大!と思っているのは私だけで、当の本人(ねだった本人)は呑気なものでした。

いわゆる種苗店、園芸店で「オジギソウありますか?」と聞いても「ない」という返答ばかりでした。じゃあ義父はいったいどこから入手したのでしょうか。今度聞いてみたいと思います。

オジギソウに花が!

オジギソウは結構水を好むようで、毎日毎日水やりをしていました。そのおかげもあってか、どんどん大きくなり、そしてつぼみができ、花をつけてくれました!

オジギソウの花はインスタグラムで他人様のを見たことがあったのですが、実際に見るととてもかわいい!ピンク色の丸い花になります。ポンポンという感じでしょうか。

オジギソウの花は早朝に咲く

花が咲く前日はつぼみにピンク色の個所が見え、そして翌朝にはすでに満開状態でした。タイムラプスで午前3時から午前6時までのつぼみの様子を動画に記録したところ、どうやら午前3時~5時頃に咲いていたようです。どうりで朝起きたらすでに満開状態だったわけですね。

オジギソウの花の寿命は短い

そしてオジギソウの花が一番きれいなのは朝です。昼に向かって少しずつですが元気がなくなり、その日の夜にはすでにしおれ、次の日には終わってしまいます。つまり、たった一日、しかも半日ぐらいしか満開状態を楽しむことはできないのです。

同時に咲くオジギソウの花の数は少ない

しかも、一つの枝に同時に咲くのは大体2~3個まで。1株に4~5本の枝がありましたので、合計10個ぐらい咲いたこともありましたが、1個だけしか咲かない朝もありました。

オジギソウの種

一年草として育て、翌年も楽しむには採種が必要になります。確実に受粉させるため、花が1つしか咲かなかったときは茎をトントンと叩いて花粉を飛ばす感じにし、2つ以上咲いたときはそれぞれを接触させながら花同士をトントンとぶつけて受粉させました。ただその時はそれが良いのか悪いのかはわからず。

結果的に、1つだけで茎をトントンしたものは受粉できていませんでした。自分自身の花粉では受粉できなかったのかもしれないと考えました。2つ以上咲いて花同士をぶつけることで受粉させたものは無事に受粉した模様で、豆類に見られるようなサヤができ始めました。

そのサヤはどんどん大きくなり、そして熟して(枯れて?)茶色くなります。ちょうど豆類が固くなる過程と同じですね。その茶色く固くなったサヤを取り、中の種を取り出せば種の採取完了。

一株しかありませんでしたが、種は100個以上採取することができたので、これが無事に発芽するようなら来年もオジギソウを楽しめそうです。

オジギソウの挿し木について

さて、サヤが出来始めたころから茎や葉の成長は止まっていましたが、種が取れるころになるとまた成長が始まったのか、脇芽のようなものが見え始めました。そこで、茎を切り、水に差していたところ発根し、それを土に植え替えました。時期的に厳しいのかもしれませんが、この段階では根が出てきたので挿し木は可能であると判断しました。

しかし、その後、この挿し木をしたものは根が張ることなく枯れてしまいました。水に差せば根は出ます。でも、最終的に挿し木として成功させるのは難しいという結論に至りました。

義父からしきりに「茎を切った方がいい」と言われていたのですが、来年育てる時は適度に茎を切り、挿し木についてはあきらめた方がよさそうです。ただ、剪定はした方がよさそうですね。

オジギソウの越冬(冬越し)

日本ではオジギソウを一年草として育てるらしいですが、台湾ではどうでしょうか。まだ冬というには早いですが、越冬にも挑戦しようと考えています。茎を切ったのはそういう意味もあったのですが、新しい芽が出てきてちょっとどうしようか迷いどころです。

なにぶん未経験のことなので成り行きに任せる感じになりそうです。越冬できればラッキー?ぐらいの気持ちでおります。

それにしても、新しく脇芽が出てきた部分にも花が咲くんでしょうか。さすがにちょっとずつ気温が下がってきていますから、そこまでは期待できないかもしれませんね。

オジギソウの1年

以下、私の年間スケジュールです。

  • 5月:種まき~発芽
  • 6月~8月:適度に剪定
  • 9月中旬:開花
  • 11月中旬:採種(採種後に強剪定)
  • (12月~6月:適度に剪定(越冬した場合))