社会人になってからの生涯学習

生涯学習という言葉はもはや流行語と言っても良いぐらいに使われ尽くしていますが、実際、自分が生涯学習として学校を卒業して以来、何かを学んできたかを振り返ってみると、大して勉強をしていないような気すらします。学校を卒業したのに勉強?

いや、勉強をしていないと書くと多少語弊があります。社会人になれば嫌でも自ら学び、知識と経験を増やしていかなければなりません。しかも、困ったことに社会人になってからの学習というのはレールがありません。自分で分野を選び、必要に応じて先生を選び、自ら学ばなければならないのです。

大きな会社の場合は昇進試験のようなものが定期的に実施されると聞きます。私はこの昇進試験に受験にも似たイメージを抱いています。正に学ばないと進めない仕組みと言えそうです。

高校を卒業したら勉強から解放されると思っていたのに社会に出てからの方が勉強が必要だったというのはよくある話。でも私が高校生の時はこのことがわかりませんでした。ただただ解放される喜びに満ち溢れていました。その後の苦労も知らずに。。

社会に出れば、本当の勉強は社会に出てからだと感じるように、社会に出て空の学びというものをもう少し早くわかっていればと後悔しています。

 

学校を出てから学ぶこと

先日、社会人になってから通信制の大学を卒業したことについて書きました。

社会人が通信制大学を卒業して思うこと

高校を卒業してからかなり時間がたってから入学した通信制大学。これも一つの生涯学習と言えるのかもしれないのですが、多くの人が大学に行くわけですから、大学で学ぶことは生涯学習の意味とは少々かけ離れているように感じます。

同様に、会社の中で業務や業界について学ぶことは生涯学習とはまた別の物かなとも思います。ただ、もっぱら社会に出てからも勉強が必要だと感じる部分はこの会社での業務や業界についてだったります。

実際は学校卒業後に学ぶこと自体は、生涯を通して学び続けるという意味においては生涯学習であると言えそうです。しかし、生涯学習というと、なんとなく趣味的な要素を含んだような、ちゃんと目標のある学習を、学校から離れても続けることを言うように思います。

じゃあ生涯学習ということで、何か自分が学んでいるかと言うと、仕事に関することを除けば残念ながらそこまで自分で率先して学んだことはないように思うのです。強いて言えば、興味があって英語関係は多少やりましたが、毎日継続できているものでもありませんでした。

 

必要に迫られて勉強すること

せっかく台湾にいるので中国語を勉強しようというのは先日書いた記事。

せっかく台湾にいるので中国語を勉強しよう

 

これも生涯学習と言えるでしょうか。台湾にいるのだから中国語を学ぶのは必須な気もします。中国語、これがまた難しいんです。近所に中国語を教えてくれる学校があるのですが、とりあえず独学でやっています。

中国語学習は学校卒業後から始めた物ですから、これも一つの生涯学習といえるのではないかと思います。

同様に英語も多少やってはいます。勉強の仕方は中国語と基本的に同じです。ただ、英語の場合は少なくとも中学校と高校でやってきたので、中国語と比較すると知っている単語が多く、多少は中国語よりも馴染みがあるように感じます。いや、台湾にいるのにそれはまずいのですが。

(とはいえ、台湾での業務は大体英語だったりしますよね。)

過去にTOEICも受験したことがあり、台湾にいる間にまた受験しても良いかなとも思っています。少しでもスコアが上がると嬉しいですよね。私は怠けててスコアが落ちたこともあります。付け焼刃は脆いもんです。

英語学習も継続できれば生涯学習の一つと言えそうですね。

 

生涯学習のいろいろ

社会人になってからも学べるように、社会人向けの講座を用意している機関があります。また、通信講座でいろんなことを学ぶこともできます。インターネット上にもそういった講座はあるように思います。そういったところで社会人になってから学ぶことはまさしく生涯学習なのではないかと思います。

身近なところでは40歳ぐらいからピアノを始めたという方や、60歳でウクレレを始めた方などがいます。音楽も学びの一つと考えれば生涯学習の一つとも言えるかもしれません。

 

生涯学習は、きっかけは様々でも、自分が興味を持てることにしないと長続きしないように思います。私が中国語を学ぶように、必要に迫られているならば話は別ですが、興味がないことを続けるのはしんどいものです。

資格の取得を目指すのも良いかもしれません。仕事と関係のない資格でも、私生活で役に立つことがあるかもしれません。

 

身近なところから学ぶ

さて、私の場合はやはり外国語かなと思います。必要に迫られている中国語と、興味のある英語。これらをもっと勉強したいなと感じています。

語学学習はとてつもなく時間がかかります。例えば語学試験の最上位に合格するには数千時間という時間が必要になると言われるそうです。毎日1時間勉強した場合、1年間で356時間、3年間で1,068時間になります。

ただし、ただ、時間をかければ良いというものでもなく、効率の良い学習をしないといけません。実際、週に1回、1時間だけの英会話の授業に参加しても、下地が無いと上達はとても遅いように思います。だって1週間経つと、、、忘れますよね。。。その点、現地で学ぶことは基本的に常に学びの状態なので、環境としては申し分ないように思います。

 

何か生涯学習した方が良いのかなと思ったのですが、とにかく今は中国語、そして余裕があれば英語をやろうと思います。