おじさんになってから描く夢

「やりたいこと、やれてますか?」

ふと自問したこの言葉。

しばらく考えてみましたが、自分はやりたいことがなんだったかすら覚えていないようです。

夢、というとちょっと子供っぽく聞こえたりするのはなぜなんでしょうか。

一体いつから夢を語らなくなったのか。

人はそれを成長と呼ぶのでしょうか。

自分の夢は何だったのか

子供の頃、夢を聞かれた自分は大工さんになりたいと答えていました。その手で家などの大きな建物を造り上げる大工さんはとてもかっこいいです。

しかし、その夢はかなっていません。いつからか大工さんという夢は別の物に変わり、いくつもの夢を見て、結局のところ何もかなえられぬまま大人になりました。

そもそも夢は人それぞれで、必ずしも仕事のことを指すものでもなく、有名人になりたいとか、総理大臣になりたいとか、世田谷区に引っ越したいとか、いろんな夢があります。

それなのに私は仕事に関する夢が多かったように思います。漠然と大人になったら仕事をするもので、自分の好きなことを仕事にしたい、というような考えは持っていました。

現実的にそれは実現できなかったわけですが。

仕事は食べるためであり、生活のほぼ全てがそこに凝縮されてしまっている感じです。

 

後悔するならやった方が良い

危ない橋は渡らず、どうしても橋を渡る時は入念にチェックをしてから渡る、そんな性格なもので、リスクはできるだけ追わないような生き方をしてきました。

そんな生き方ですから、挑戦とかは皆無です。挑戦しなければ成し得なかった夢。そう、成すことができなかった夢もありました。

いや、しいて言うならば大学を卒業するという目標は大人になってから達成しました。通信制の大学ではありますが、経歴は一応大卒であります。

通信制大学について書いた過去の記事はこちら↓

社会人が通信制大学を卒業して思うこと

目標と夢はスケールが違いますが、いずれにしても、やらないで後悔をするならば、挑戦した方が良いと思うのです。仕事をしながら単位を取得するのは簡単ではありませんでしたが、最終的に卒業できたので挑戦して良かったと思っています。

もちろん、挑戦は他人に迷惑をかけない程度に。(私は社会人大学生という立場になり、多少家族に迷惑をかけてました。)

 

 

現実を直視する

現実的なことを言えば、すでに社会に出てからかなりの年数が経っているわけで、様々な責任を両肩に背負っております。

仕事をしなければ自分のみならず家族が食べていけません。こんな、食べていくための仕事をライスワークと呼ぶ人がいますね。

身体にもガタが来て、そろそろ老後のことも真剣に考えておかないといけないとすら思っています。

夢と現実は相反する物だと思うこともあります。現実の世界を見渡すと夢ばかりを追いかけているわけにもいかず、かといって現実ばかり見ているとつまらない人間になります。

ああ、そうか。いつからか私はつまらない人間になっていたんだな。古い友人に指摘されたことがありましたが、あまり理解できていませんでした。

大人は現実を見るもの、ではないのでしょうか。

 

夢と現実の最適解を探す

改めて冒頭の質問を自問してみると、多少頭の整理がついているので、なんとなく回答できそうです。

自分がやりたかった仕事は必ずしも今の仕事ではなく、やりたいことはできていない、が私の回答です。

悲しいかな、これも現実。

現実的に、今の仕事が自分の夢とかけ離れていようと、食べていくために続けていくべきだと思っています。

そして、自分のやりたいことがぼんやりとですが見えてきたので、並行してその夢を実現するための活動もこなしていきたいと思います。

たぶん、生活する中で、食べるための事と、夢のための事の二つだけということはなく、他にもいろんな事をしていくのだと思います。

その中には無駄なこともたぶん含まれています。ですので無駄なことはできるだけ減らして、食べるための事と、夢のための事をやりたいですね。

実は、ブログも自分がやりたかったことの一つだったりします。文章を書くのが好きなんですよね。そして一方的に発信するという感じ。

 

まとめ

人間は自分の進む先に光が無いと道を見失ってしまうことがあります。だからその光を求めて行くわけで、その光とは夢なのかもしれません。

大人になるにつれ夢ということばを使わなくなりましたが、今でもよく考えてみたらやりたいことはあります。それを夢と呼び、そこに向かって精一杯頑張るというのも良いように思います。

その夢が自分のためでも、他人のためでも良いのです。まずは前に進むこと。

1日24時間というのは誰にでも平等にあって、その24時間を如何に過ごすかで夢に近づけるかどうかが変わってきます。この一瞬一瞬を精一杯生き、夢に向かって進みたい、そんなおじさんな私。ちょっと子供っぽいかも。

でもやっぱり夢っていいなぁと思ってしまうんですよね。夢見るおじさんはダメですか?ん~やっぱりちょっと痛いかも。

とにかく頑張ろう。